2021-12-03 12:41国際

米で市中感染か=オミクロン株、新たに9人確認―発症前に大規模イベント参加も

 【ニューヨーク時事】米東部ニューヨーク州など米各地で2日、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」への感染例が相次いで確認された。この日判明した新たな感染者は計9人。海外渡航歴のない人も含まれ、市中感染が既に発生しているとみられる。
 中西部ミネソタ州の保健当局は、同州ヘネピン郡に住む成人男性がオミクロン株に感染していたことが分かったと発表した。米メディアによると、男性に海外渡航歴はなく、ワクチンの追加接種も受けていた。11月22日に発症したが軽症で、現在は回復したという。
 ただ、男性は発症に先立ち同19~21日にニューヨーク市を訪れ、大規模アニメイベントに参加していた。主催者発表では、イベント開催期間中の来場者数は約5万3000人。ニューヨーク市のデブラシオ市長は「市中感染が発生していると考えるべきだ」と警告した。
 ニューヨーク州のホークル知事も2日、記者会見を開き、州内で新たに5人の感染が確認されたと明らかにした。詳細は調査中だが、少なくともうち1人は南アフリカからの帰国者。ホークル知事は「ワクチンを打っていなければ打つこと、打っていれば追加接種を受けることを強く勧める」と呼び掛けた。
 西部コロラド州では、観光目的でアフリカ南部への渡航歴がある州内在住の成人女性の感染が判明。ワクチンを接種しており軽症で、自宅で隔離措置を取っているという。ハワイ州でも旅行歴がない感染者が確認され、州保健当局は「市中感染だ」と指摘した。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集