2021-12-01 12:55World eye

J・ベイカーさん、仏偉人の殿堂入り 黒人女性で初

【パリAFP=時事】米国出身の仏ダンサー・歌手で、第2次世界大戦中のレジスタンス(抵抗運動)への参加や権利擁護活動でも知られる故ジョセフィン・ベイカーさんが11月30日、死後約半世紀を経て、パリの霊廟(れいびょう)「パンテオン」に黒人女性として初めて祭られた。≪写真は仏パリで、パンテオンに投影されるジョセフィン・ベイカーさんの写真≫
 パンテオンは、文豪のビクトル・ユゴーやエミール・ゾラ、物理学者・科学者のマリー・キュリーといったフランスの偉人を祭る非宗教的な殿堂。ベイカーさんは芸能人としては初、女性としては6人目の同殿堂入りとなった。
 これを記念して、前日の29日夜には米ニューヨークのエンパイアステートビルがフランスの三色旗の色にライトアップされた。
 1975年4月12日、脳出血のため68歳で死去したベイカーさんの遺体は、モナコに埋葬されている。30日の式典では、出生地である米セントルイス、パリ、居住地だった仏南西部のミランド城、そしてモナコのベイカーさんゆかりの場所4か所の土を入れたひつぎが、パンテオンの地下に安置された。
 ベイカーさんは1906年、米ミズーリ州の貧困家庭に生まれた。当時の多くの米黒人芸術家と同様、人種差別から逃れるためにフランスに渡った。「黒いビーナス」と呼ばれ、ジャズ・エイジの活気あふれる踊りでパリを席巻した。
 第2次大戦が始まると、ナチス・ドイツに対するレジスタンスに参加し、仏空軍の女性予備部隊の中尉となった。また、国外に逃れたシャルル・ドゴール将軍(後の仏大統領)のスパイとなり、イタリアの指導者ベニト・ムソリーニの情報を入手。見えないインクを使って楽譜に情報を記し、英ロンドンに送っていた。
 差別との闘いにも注力。ドルドーニュ地方の城で異なる民族の子ども12人を養子に迎え、「虹」の家族を築いて暮らした。【翻訳編集AFPBBNews】

最新動画

最新ニュース

写真特集