2021-11-25 19:58スポーツ

「JMC」覇者に賞金600万円=マラソン新制度で日本陸連

 日本陸連は25日、マラソンの記録や順位に応じたポイントで期間内の王者を決めるジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズについて、ランキング1位の男女選手に各600万円の賞金を贈ると発表した。2020年12月から22年3月末までの期間が第1回(シリーズI)で、出場2大会の合計でランキングを決める。2位は300万円、3位は100万円。
 東京都内で記者会見した瀬古利彦副会長は「(賞金の)額はまだまだ少ないが、選手たちもやる気が出るし、マラソンをやっていこうという人たちにも少しは魅力あるマラソン界になっていけるのではないか」と語った。
 JMCシリーズは、選手強化やマラソン活性化を目指して陸連が新たに導入。シリーズIの覇者には22年7月の世界選手権(米オレゴン州ユージン)の出場権を与える。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集