2021-11-12 18:59World eye

還暦男性、ポケットナイフでワニ撃退 豪

【ブリスベンAFP=時事】オーストラリアで、釣りをしていた男性(60)が大きなワニに襲われ、川に引きずり込まれたものの、ポケットナイフで応戦して「幸運にも」命拾いした。クイーンズランド州の野生生物保護当局が10日、明らかにした。≪写真は資料写真≫
 男性がワニに襲われたのは、北東端に位置するヨーク岬半島の人里離れた川岸。州野生生物保護当局のマット・ブライエン氏は「格闘の末、男性は運良く体長4~4.5メートルのワニから逃れられた。そんなことができる確率はゼロに近い」と述べた。
 男性は先週、ケアンズから車で約5時間のホープベール近郊に所有する土地に釣りに出掛けた。釣りざおの仕掛けを川に投げ込もうとした瞬間、ワニが突進してくるのを見たという。
 男性は足をかまれて引き倒された。とっさに近くに生えていたマングローブの枝につかまったが、川の中に引きずり込まれてしまった。そこで、男性はベルトに差していたポケットナイフを取り出し、ワニが口を開けて自分を解放するまで何度も頭部を刺した。解放されたところで川岸にはい上がったという。
 男性はクックタウンの病院で応急処置を受けた後、ケアンズの病院に搬送され、現在も入院している。【翻訳編集AFPBBNews】

最新動画

最新ニュース

写真特集