2021-11-11 15:10World eye

マリー・アントワネットのダイヤのブレスレット 9億円で落札

【ジュネーブAFP=時事】フランス最後の王妃マリー・アントワネットが所有していたダイヤモンドのブレスレット2点が9日、初めて競売にかけられ、745万9000スイス・フラン(約9億2000万円)で落札された。競売は、スイス・ジュネーブで行われた。≪写真はマリー・アントワネットのダイヤのブレスレット≫
 英競売大手クリスティーズは、オールドカットのダイヤ計112個があしらわれた、それぞれ長さ18.7センチ、重さ97グラムのブレスレットについて「王妃の魅惑と栄光、ドラマが染み込んでいる」とうたっていた。
 落札価格の745万9000スイス・フラン(諸経費含む)は、予想落札価格200万~400万スイス・フラン(約2億5000万~4億9000万円)を大きく上回るものとなった。
 1791年3月、国王ルイ16世と妻のマリー・アントワネットは、子どもらと共にフランス革命から逃れようと試みた。王家の宝飾品は国外にひそかに持ち出され、ベルギー・ブリュッセルの友人に託された。
 その後、ブレスレットは王妃の祖国オーストリアの親族にわたり、数世代にわたって引き継がれた。【翻訳編集AFPBBNews】

最新動画

最新ニュース

写真特集