2021-10-29 20:10経済/写真

H2Oとの統合、僅差で承認=オーケーは買収断念―関西スーパー争奪戦が決着

H2O、関西スーパーマーケット経営統合の構図
H2O、関西スーパーマーケット経営統合の構図

 近畿圏を地盤とする関西スーパーマーケットの臨時株主総会が29日、兵庫県伊丹市で開かれ、筆頭株主エイチ・ツー・オー(H2O)リテイリングとの経営統合が承認された。関西スーパー買収を目指していた第3位株主のオーケー(横浜市)が反対したものの、統合に賛成した株主の割合が66.68%と、可決に必要な「3分の2以上」をわずかに上回った。オーケーは買収を断念し、関西スーパーをめぐる争奪戦が決着した。
 今後、関西スーパーはイズミヤ(大阪市)などH2O傘下スーパーを含む3社を統括する中間持ち株会社「関西フードマーケット」となり、店舗運営を効率化しながら収益力強化を目指す。総会終了後、福谷耕治関西スーパー社長は「経営統合がゴールではなく、スタートだ」と決意を新たにした。関西フード社長に就任する林克弘H2O副社長は「誠心誠意、企業価値を高める努力をしていきたい」と抱負を述べた。
 ディスカウントスーパーを首都圏で展開するオーケーは関西進出を狙い、臨時総会で統合案を否決に追い込んだ上でTOB(株式公開買い付け)によって関西スーパーを買収する方針を表明していた。終了後、買収提案を取り下げると発表。二宮涼太郎オーケー社長は記者団に対し、「ぎりぎりだったので悔しい思いもあるが、受け入れたい」と敗戦の弁を述べた。一方で「関西のお客さまにもオーケーで買い物してもらえるように頑張りたい」とも語り、関西進出への意欲を示した。 
 総会で反対票を投じた株主は「オーケーが示した1株2250円のTOB価格に魅力を感じた」と説明。別の株主からも「オーケーと一緒になってほしかった」との声が聞かれた。

 ◇関西スーパーマーケットをめぐる動き
2016年4~8月       オーケーが関西スーパーの株式を取得
      10月       関西スーパーがH2Oと資本・業務提携発表
  21年  6月       オーケーが関西スーパーにTOB提案
       7月       関西スーパーがオーケー提案を検討する特別委設置
       8月31日    関西スーパーがH2Oとの経営統合を発表
       9月 3日    オーケーが関西スーパー買収の方針を発表
      10月12日    伊藤忠食品が関西スーパーに統合案に関する質問状を送付したと発表
         14~15日 米議決権行使助言会社大手2社が統合案へ反対推奨
         15日    関西スーパーがH2Oと統合後の事業計画は「合理的に実現可能」との見解表明
         29日    関西スーパー臨時株主総会で統合承認。オーケーが買収提案取り下げ表明

最新動画

最新ニュース

写真特集