2021-10-29 14:55World eye

同性愛公表の豪サッカー選手、世界中からの支持に「感動」

【シドニーAFP=時事】同性愛者であることを公表したオーストラリア出身のサッカー選手ジョシュ・カバッロ(21)は28日、世界中から集まった支持の声に感動していると話した。≪写真は豪Aリーグ、アデレード・ユナイテッドのMFジョシュ・カバッロ≫
 豪Aリーグのアデレード・ユナイテッドに所属し、U-20の豪代表としてプレーした実績も持つMFカバッロは27日、自身のSNSで「僕はサッカー選手で、そしてゲイだ」と明かし、現在サッカーのトップリーグでプレーしている中では唯一同性愛を公表した選手となった。
 このカミングアウトの決断には、スウェーデン代表のスター選手ズラタン・イブラヒモビッチが「君はチャンピオンだ。サッカーは皆のものだ。大いにリスペクトする」とツイッターに投稿するなど、国内外のサッカー界から賛辞が贈られている。
 その他にも、アントワーヌ・グリーズマン、マーカス・ラシュフォード、ラファエル・バラン、ジェラール・ピケ、ダビド・デ・ヘア、ジョーダン・ヘンダーソンらがこぞって支持するツイートを行った。
 また国際サッカー連盟(FIFA)をはじめ、イングランド・プレミアリーグのリバプールやトッテナム・ホットスパー、イタリア・セリエAのACミランなどのビッグクラブもカバッロを称賛。
 スペイン1部リーグの強豪FCバルセロナは、同選手が「大きな一歩を踏んだ」ことに感謝を示した。
 カバッロはこれらの反響にとても驚いているといい、「自分が何者であるかや、自分が信じていること、育った文化や背景と関係なく、サッカーでは誰もが受け入れられるというメッセージを世界に伝えたかった」と豪スカイ・スポーツに語った。
 さらに「ベースとするべきなのはその人の才能であり、見た目や信条ではない」とし、「要するに、今は2021年で、サッカーもこの点において変革の時期だ。きょう、このような日を迎えられて、受け取った反響には感動と喜びでいっぱいだ」とコメントした。【翻訳編集AFPBBNews】

最新動画

最新ニュース

写真特集