2021-10-29 14:47World eye

FB新社名「メタ」、ツイッター大喜利のお題に

【ワシントンAFP=時事】インターネット交流サイト(SNS)最大手の米フェイスブックが28日に社名を「メタ」に変更すると発表したことを受け、ツイッターが大喜利状態となり、企業や個人だけでなく同社までもが参加している。≪写真はフェイスブックの新社名「メタ」の新社名とロゴ≫
 社名変更は同社のスキャンダルから世間の目をそらすことが狙いだとの批判の声もあるが、少なくともネットユーザーは大喜利のお題として歓迎している。
 ハンバーガーを主力商品とする米ファストフード大手ウェンディーズは発表後間もなく「社名をミート(Meat、肉)に変更する」とツイート。ツイッターのプロフィル上でだけだが、言葉通りに実行した。
 ユーザー名@NicoTheMemeDudeさんが「ミート」とインターネット上の仮想現実空間「メタバース」をかけて「これはミータバースの始まりなのか?」と投稿すると、ウェンディーズは「メタいね」と返信した。メタいとは、物語の登場人物が読者の視点で発言することを意味する。
 フェイスブックからアカウント名を変更した@Metaは、肉のミートと同じ発音の「meet」とかけて「Nice to meat you, @Wendys」とツイートした。
 社名変更後もSNSのフェイスブックの名称は変わらないが、@careawareさんは「メタをやってるなんて誰にも言えない。覚せい剤(のメタンフェタミン)をやってるみたいだ」と記した。
 「メッタ・ワールドピース」として知られる元NBA選手も騒動に巻き込まれた。
 @darrenrovellさんは「フェイスブックの新しいフルネームはメタ・ワールドピースだ」と投稿した。
 @MylesMaNJさんが「メッタといえば@MettaWorld37に決まってるだろ」と同選手に言及すると、本人が「lol(大爆笑の意)」と返信した。
 @JohnRush32さんは「ツイッターでフェイスブックについて投稿してるみんなはメタいね」と投稿した。【翻訳編集AFPBBNews】

最新動画

最新ニュース

写真特集