2021-10-24 17:43TOPICS

松山、日本で米ツアーV=マスターズ以来の7勝目―ZOZO男子ゴルフ

18番、優勝を決めて喜ぶ松山英樹=24日、千葉・習志野CC
18番、優勝を決めて喜ぶ松山英樹=24日、千葉・習志野CC

 米男子ゴルフのZOZOチャンピオンシップは24日、千葉・習志野CC(7041ヤード=パー70)で最終ラウンドが行われ、首位から出た松山英樹は2イーグル、3バーディー、2ボギーの65をマークし、通算15アンダーで優勝した。4月のマスターズ・トーナメント以来となる米ツアー通算7勝目。
 松山は優勝賞金179万1000ドル(約2億300万円)を獲得した。日本での勝利は2016年の国内ツアー、三井住友VISA太平洋マスターズ以来5年ぶり。
 5打差の2位はキャメロン・トリンゲールとブレンダン・スティール(ともに米国)。金谷拓実が通算5アンダーで7位。今平周吾、岩田寛が2アンダーの18位。中西直人とアマチュアの中島啓太(日体大)は28位。
 この大会の第1回は19年に日本で開催され、タイガー・ウッズ(米国)が初代王者に就き、松山は3打差の2位だった。昨年は米国で実施。2度目の日本開催で松山が大会初優勝を果たした。 

優勝トロフィーを手にする松山英樹=24日、千葉・習志野CC
優勝トロフィーを手にする松山英樹=24日、千葉・習志野CC

最新動画

最新ニュース

写真特集