2021-10-21 05:35ニュースワード

最終処分地選定調査

 最終処分地選定調査 原発の使用済み核燃料から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分地を決めるための調査。3段階に分かれ、全体で約20年に及ぶ。第1段階の文献調査(2年程度)で、既存の論文などから地質を調べる。第2段階の概要調査(4年程度)で穴を掘り、第3段階の精密調査(14年程度)では地下施設を使った調査を進める。概要調査以降は、知事と市町村長の意見を聞き、反対があれば先には進まないとされる。地元とその周辺の自治体には、文献調査で最大20億円、概要調査で最大70億円が国から交付金として支払われる。

最新動画

最新ニュース

写真特集