2021-10-20 18:21TOPICS

北朝鮮「新型SLBM発射成功」=潜水艦から、韓国に対抗心も

19日、北朝鮮の国防科学院による新型の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の試射(朝鮮通信・時事)
19日、北朝鮮の国防科学院による新型の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の試射(朝鮮通信・時事)

 【ソウル時事】北朝鮮の朝鮮中央通信は20日、国防科学院が19日に新型の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の発射実験を行い、成功したと報じた。潜水艦「8.24英雄艦」から発射したという。韓国は先月、SLBMの発射実験を実施しており、韓国への対抗意識もうかがえる。
 韓国軍によると、北朝鮮は19日、東部の咸鏡南道・新浦沖の海上から日本海に向けて短距離弾道ミサイル1発を発射。高度約60キロ、飛行距離約590キロと推定されていた。
 朝鮮中央通信は「側面機動と滑降跳躍機動をはじめとした多くの進化した操縦誘導技術が導入された」と説明。11日に開幕した国防発展展覧会で披露された新型で、ロシア製の短距離弾道ミサイル「イスカンデル」と類似した変則軌道の小型SLBMとみられている。
 北朝鮮はSLBM搭載用の3000トン級とされる大型潜水艦を建造中だが、進水は確認されていない。韓国国防省出身の金東葉・北韓大学院大教授は「北朝鮮が公表した写真から、既存のコレ級潜水艦(2000トン級)から発射したとみられる」と分析した。既存の潜水艦を使う小型SLBMのため、これまで明らかになっている中距離のSLBMより早期に実戦配備される可能性がある。
 北朝鮮は8.24英雄艦について「5年前に初めてSLBM発射に成功した」と紹介した。北朝鮮は2016年に「水中発射成功」と発表。しかし、先月SLBM発射実験を行った韓国政府は、北朝鮮はまだ潜水艦からの発射に成功していないという認識を示していた。北朝鮮の今回の発表からは、SLBM開発で韓国に先行していることを誇示する狙いも透ける。 

20日、ソウル近郊で、国産戦闘機の後席に搭乗した韓国の文在寅大統領(EPA時事)
20日、ソウル近郊で、国産戦闘機の後席に搭乗した韓国の文在寅大統領(EPA時事)

最新動画

最新ニュース

写真特集