2021-10-20 06:10国際

フーシ派48人殺害と主張=イエメン中部で空爆―サウジ

 【リヤドAFP時事】イエメン内戦に介入しているサウジアラビア主導の連合軍は19日、イエメン中部マーリブ近郊の2地区を空爆し、イランの支援を受ける武装組織フーシ派のメンバー48人を殺害したと表明した。国営サウジ通信が連合軍の声明を伝えた。
 暫定政権最後の拠点であるマーリブ周辺での連合軍の攻撃に関する発表は9日連続で、伝えられているフーシ派の死者は計1200人超に達する。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集