2021-10-12 22:09スポーツ

日本、望みつなぐ2勝目=終盤勝ち越し、豪州に2―1―サッカーW杯予選

 サッカーの2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア最終予選は12日、各地で第4戦が行われ、B組の日本は埼玉スタジアムでオーストラリアに2―1と競り勝った。2勝目(2敗)を挙げて勝ち点6とし、自動出場権を得る同組2位以内確保に望みをつないだ。豪州は初黒星で勝ち点は9のまま。
 4―3―3の布陣に変更した日本は、前半8分にW杯予選初出場の田中(デュッセルドルフ)が先制点。後半にFKから追い付かれたが、41分に浅野(ボーフム)のシュートのこぼれ球が相手オウンゴールを誘い、決勝点が生まれた。
 国際連盟(FIFA)ランキングは日本が26位、豪州が32位。豪州とは最終予選4大会連続の顔合わせで、通算の対戦成績は10勝9分け7敗。
 日本は11月にはベトナム、オマーンとのアウェー2連戦に臨む。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集