2021-09-19 08:37TOPICS

民間人4人、地球軌道から帰還=初の周回旅行成功―スペースX

民間人のみの地球軌道旅行から帰還したジャレッド・アイザックマン船長(中央)=18日(ユーチューブ中継より)
民間人のみの地球軌道旅行から帰還したジャレッド・アイザックマン船長(中央)=18日(ユーチューブ中継より)

 【シリコンバレー時事】民間人のみ4人を乗せた米スペースXの宇宙船「クルードラゴン」が東部時間18日午後7時(日本時間19日午前8時)ごろ、3日間の地球軌道周回飛行を終え、米フロリダ州沖に着水、無事帰還した。宇宙飛行士を伴わず初めての地球軌道飛行に成功したことで、宇宙旅行本格化への大きな一歩を踏み出した。
 クルードラゴンは15日夜、フロリダ州のケネディ宇宙センターから打ち上げ。高度585キロに上昇し1周90分で地球軌道を周回した。17日夜には高度を約365キロまで下げ始め、帰還準備に入っていた。
 旅行は船長のジャレッド・アイザックマン氏(38)が費用を支払い、医療従事者ら3人を同乗者に選定。飛行の様子を配信し、小児がん治療支援の寄付を呼び掛けている。3日間の滞在による健康への影響も検証する。 

18日、地球に帰還し、米フロリダ州沖に着水するスペースXの宇宙船「クルードラゴン」=米航空宇宙局(NASA)提供(AFP時事)
18日、地球に帰還し、米フロリダ州沖に着水するスペースXの宇宙船「クルードラゴン」=米航空宇宙局(NASA)提供(AFP時事)
米スペースXの宇宙船「クルードラゴン」に乗船したジャレッド・アイザックマン氏(左端)ら4人=16日撮影、「インスピレーション4」提供(AFP時事)
米スペースXの宇宙船「クルードラゴン」に乗船したジャレッド・アイザックマン氏(左端)ら4人=16日撮影、「インスピレーション4」提供(AFP時事)

最新動画

最新ニュース

写真特集