2021-09-18 12:15TOPICS

台風14号、紀伊半島横断=東海沖で温帯低気圧へ―大雨強風警戒・気象庁

台風14号が接近した福岡市の繁華街・天神地区を歩く人たち=17日午後、同市中央区
台風14号が接近した福岡市の繁華街・天神地区を歩く人たち=17日午後、同市中央区

 台風14号は17日夜に九州北部、18日未明に四国を横断した後、同日午前6時すぎに和歌山県有田市付近に再上陸し、紀伊半島を横断した。午後には東海沖で温帯低気圧に変わると予想される。東海や関東の太平洋側を中心に大荒れとなり、気象庁は大雨による土砂災害や低地の浸水、河川の増水に警戒し、強風や高波に注意するよう呼び掛けた。
 一方、日本海では別の低気圧が発生し、前線を伴って東北地方を太平洋側へ通過する見込み。東北や北海道でも雨が強まる所があった。
 三重県熊野市では18日午前4時55分すぎまでの1時間に78.5ミリ、神奈川県海老名市では同6時ごろまでの1時間に65.5ミリの非常に激しい雨が降った。高知県室戸市の室戸岬では同1時50分すぎに最大瞬間風速28.0メートルを観測した。
 19日正午までの24時間予想雨量は多い所で、関東甲信150ミリ、東海80ミリ。
 近畿と東海、関東甲信で18日に予想される最大瞬間風速は25メートル。波の高さは近畿5メートル、東海と関東4メートル。
 14号は18日午前11時、三重県鳥羽市付近を時速40キロで東へ進んだ。中心気圧は1000ヘクトパスカル、最大風速18メートル、最大瞬間風速25メートル。半径330キロ以内が風速15メートル以上の強風域。 

最新動画

最新ニュース

写真特集