2021-09-17 23:53企業

買収防衛策の差し止め請求

 中国・香港系金融傘下の投資会社、アジア開発キャピタル〈9318〉は17日、新聞印刷の輪転機大手、東京機械製作所〈6335〉の買収防衛策について、東京地裁に差し止めの仮処分請求を行ったと発表した。アジア開発は支配権の取得を目的に東京機械株を買い進めており、40%弱の株式を保有している。 

最新動画

最新ニュース

写真特集