2021-09-17 23:20社会

指定暴力団本部を撤去=制度利用で全国初―福岡暴追センター

 福岡県暴力追放運動推進センターは17日、指定暴力団浪川会(福岡県大牟田市)の本部事務所解体が完了し、撤去を確認したと発表した。県警によると、住民から委託を受けた「適格団体」が使用差し止めを求める改正暴対法の代理訴訟制度を利用して、指定暴力団の本部事務所を撤去したのは全国初。
 県警組織犯罪対策課によると、国家公安委員会から適格団体として認定を受けた同センターは2020年12月、本部事務所の使用差し止めを求め提訴。浪川会は今年7月に請求を認諾した。事務所では、17年10月に発砲事件が発生していた。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集