2021-09-15 17:39社会/写真

台風14号、17日温帯低気圧に=西日本中心に暴風大雨警戒―気象庁

台風14号の予想進路(15日15時現在)
台風14号の予想進路(15日15時現在)

 台風14号は15日午後、東シナ海でほぼ停滞した。17日に対馬海峡で温帯低気圧に変わり、その後、東北東へ進んで18日夜に三陸沖に達する見込み。気象庁は西日本を中心に暴風や高波、大雨に警戒するよう呼び掛けた。18日は東日本や東北地方でも風が強まり、大雨になる恐れがある。
 16日午後6時から17日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で、四国200~300ミリ、九州北部100~200ミリ、九州南部と近畿、東海100~150ミリ、中国50~100ミリ。土砂災害や低地の浸水、河川の増水が起きる可能性がある。
 14号は15日午後3時、長崎県五島市の南西約380キロの東シナ海でほぼ停滞した。中心気圧は992ヘクトパスカル、最大風速23メートル、最大瞬間風速35メートル。北東側460キロ以内と南西側300キロ以内が風速15メートル以上の強風域。 

最新動画

最新ニュース

写真特集