2021-09-13 13:01World eye

急速に縮小するアルプスの氷河、スイス

【アレッチ氷河AFP=時事】アルプス最大のアレッチ氷河(面積約80平方キロ)のデータ分析で、気候変動が氷河に与える深刻な影響が示されている。≪写真はアレッチ氷河で氷の厚さを測定するスイスの雪氷学者マティアス・フス氏≫
 スイスには約1800の氷河があり、その氷の総量の約5分の1がアレッチ氷河に集中している。だがこの10年間、同氷河の厚さは毎年1.5メートルずつ薄くなっている。
 スイス氷河モニタリングネットワークのリーダーで雪氷学者のマティアス・フス氏(41)は、「この変化は本当に、本当に急速だ」と話す。
 フス氏は2019年9月、スイス北東部のピツォル氷河の消滅を悼んで「葬送行進」を行う催しに参加した。
 フス氏は「あの後、私たちはピツォルの積極的なモニタリングをやめた。もはや意味がないからだ」と語った。「今後10~20年で、確実に他にも有名な氷河が消滅するだろう」【翻訳編集AFPBBNews】

最新動画

最新ニュース

写真特集