2021-09-13 10:46国際

カタール外相がアフガン訪問=タリバンに融和訴え

 【ニューデリー時事】カタールのムハンマド副首相兼外相は12日、アフガニスタンの首都カブールを訪問し、イスラム主義組織タリバン暫定政権のアフンド首相代行らと会談した。タリバン暫定政権が始動してから外国の閣僚が訪問するのは初めてとみられる。カタールはタリバンと米国との和平プロセスの仲介などを通じ、タリバンと関係が深い。
 カタール外務省によると、ムハンマド氏はタリバン側に「国民の和解によるすべての当事者の参加を促した」という。暫定政権が閣僚をタリバン幹部で固めたり、崩壊した民主政権や外国への協力者に対するタリバンの報復が伝えられたりする中、国民融和による国づくりを訴えたとみられる。
 ムハンマド氏はこのほか、民主政権で大統領を務めたカルザイ氏らとも会談した。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集