2021-09-10 13:37World eye

9.11生還者の証言:救急隊員──鳴り響く警報、力尽きた消防士

【ニューヨークAFP=時事】「9.11」のあの日、アル・キムさんは、米ニューヨークの世界貿易センタービル崩壊の惨事から生還した。大きな衝撃から立ち直る中、命のはかなさと「広い視野」から問題を捉える必要性を学んだと言う。≪写真は米ニューヨークの「9.11記念博物館」を訪れたアル・キムさん≫
 2001年9月11日、午前9時を少し回っていた。当時37歳だったキムさんは救急医療隊員として、世界金融の中心地ロウアーマンハッタンに急行した。イスラム過激派にハイジャックされた旅客機2機が、貿易センターのツインタワーに突入したのだ。
 キムさんの任務は、負傷者を二つのタワーに挟まれたマリオットホテルに避難させることだった。
 しかし午前9時59分、負傷者看護の準備をしていると、突進する電車のような耳をつんざく音が聞こえた。本能的に、歩道橋の下に駐車していたワゴン車の下に飛び込んだ。
 「こんな死に方をするなんて信じられない」と感じたと言う。タワーの南棟が崩れ落ちた瞬間だった。
 「息ができなかった。空気がツンと鼻を突いた。自分のシャツで口を覆ったことを覚えている」。20年後の今、ツインタワー跡地に建てられた「9.11記念博物館」を初めて訪れながらキムさんは振り返った。
 ビル炎上崩落後の熱風でキムさんは鼻孔、上気道、左眉をやけどした。両眼も負傷した。全身が厚い灰に覆われた。
 やがて同僚の声が聞こえ、彼らと合流。真っ暗闇の中、がれきや猛火をくぐり抜け「小学生のように手をつなぎながら」前進した。「光の方向に向かって歩く間、警報音が一斉に鳴っていた」

■数々の葬儀
 後で分かったことだが、それは消防士が身に着けた救助要請装置のアラームで、装着者の動作がしばらく止まると鳴りだす仕組みだった。
 叫び声を聞いて駆け付けると、顔が灰だらけになった消防士が半身、がれきに埋まっていた。彼の首の骨は、3か所で折れていた。
 キムさんは彼を担架で安全な場所に避難させたが、数分後にセンターの北棟が崩壊した。この消防士は、所属していた班12人の中で唯一の生存者となった。
 この後のキムさんの記憶は、おぼろげで断片的だ。「見渡す限り、がれきの野だった。市全体が、あるいはその外も、そうなんだろうと思えた」
 キムさんは貿易センター跡地の「グラウンド・ゼロ」にその日は夕方までとどまり、翌日からも数日間通った。
 「やるべきことがたくさんあり、出なければいけない葬儀がいくつもあった。じっくり考える時間はなかった」。当時、彼はブルックリンの民間救急サービス「メトロケア・アンビュランス」に勤めていた。
 後からも不安が募り、ガスマスクを入手した。車には2週間分の飲料水や食料を積み込むようになった。「毒ガス攻撃の可能性が話題になっていた」。やがて不安は克服したが、さまざまな思いが残った。

■立ち直る力
 「ニューヨーカーはタフだし、立ち直る力があった。皆、街から逃げ出さなかった。粘り抜いた。私も粘り抜いた」とキムさん。現在はニューヨーク市郊外にあるウエストチェスター緊急医療サービスの幹部だ。
 9.11直後、キムさんはかつてない愛国心の高まりを感じたと言う。「人々がプラカードや支援で示した気持ちのほとばしりは、とてつもないものだった」
 さらに大惨事で「命がいかに尊く、もろいか」を実感したと語る。
 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的大流行は、このはかなさの感覚をさらに増幅した。
 「自分たちのキャリアや仕事人生、プライベートな生活で直面する困難は確かに切実だ。でも、もっと大きなことに思いを致せば、広い視野から捉えられる。ポジティブに取り組める」とキムさんは説く。
 3年前、ニューヨークのハーフマラソンに妻と出場したキムさんは、彼の命を救った歩道橋の橋脚に差し掛かった。普段は車の流れが多く、近寄ることができない。
 キムさんは橋脚にキスをして、また走り出した。【翻訳編集AFPBBNews】

最新動画

最新ニュース

写真特集