2021-09-10 13:16World eye

フランス、25歳未満の避妊無料に

【パリAFP=時事】フランス政府は9日、25歳未満のすべての女性を対象に、経口避妊薬(ピル)などの避妊法利用を無料化すると発表した。若い女性が経済的理由から避妊をやめることを防ぐため、現在18歳以下を対象としている制度を拡大する。≪写真は資料写真≫
 オリビエ・ベラン保健相は、「一定数の若い女性」の間で避妊法利用が減少していることが調査で判明していると説明。「そうした女性たちが(避妊を)しないのは、経済的な理由からだ」と指摘した。
 この制度は、経口避妊薬、避妊リングのほか、避妊パッチなどのステロイドホルモンを用いた避妊法を対象としており、避妊のための医療機関受診も無料になる。
 避妊の無料化は、女性の権利向上や若者の貧困削減を目指し、エマニュエル・マクロン大統領が推し進める一連の施策の一環。仏政府は昨年、未成年者の人工妊娠中絶をなくすため、それまで15~18歳のみが対象とされていた避妊無料化を15歳未満にも拡大していた。
 ドイツ、ベルギー、オランダ、ノルウェーをはじめとする欧州諸国では、10代の若者に避妊が無料化されている。英国では、誰もが数種類の避妊法を無料で利用できる。
 フランスでは2012年から2018年にかけて、15~18歳の人工妊娠中絶の件数が1000人当たり9.5人から6人に減少した。【翻訳編集AFPBBNews】

最新動画

最新ニュース

写真特集