2021-08-05 07:11国際

レバノン大爆発1年でデモ=治安当局と衝突

 【カイロ時事】レバノンの首都ベイルートの港湾地区で起きた大爆発から1年を迎えた4日、爆発の真相究明や責任者の追及などを求めるデモが首都各地で行われた。一部のデモ隊は暴徒化して治安部隊と衝突し、現地の赤十字によると80人以上が負傷した。
 調査に当たる担当判事は元閣僚や情報機関高官らの事情聴取を求めているが拒否され、関係者の処罰は1年が過ぎても一向に進んでいない。数千人規模で市内各地に集まったデモ隊は爆発の犠牲者の写真を掲げ「免責特権の剥奪を」などと要求。中心部の国会議事堂近くでは投石するデモ隊に対し、治安当局が催涙ガスやゴム弾で排除を図ったため騒然となった。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集