2021-08-03 09:02スポーツ

エンゼルスの大谷が2カ月連続受賞=日本選手最多―月間MVP

 【アーリントン時事】米大リーグ機構は2日、7月の各賞を発表し、野手が対象となる月間最優秀選手(月間MVP)は、ア・リーグはエンゼルスの大谷翔平選手が初受賞した6月に続いて選出された。
 通算2度の月間MVPは日本選手最多。2カ月連続の受賞は2012年8、9月のチェース・ヘドリー(当時パドレス)以来で9年ぶり。
 大谷は打者として23試合に出場し、打率2割8分2厘、9本塁打、19打点、4盗塁をマークした。投手では3試合の登板で2勝を挙げた。
 ナ・リーグは11本塁打を放ったレッズのジョーイ・ボット内野手が選ばれた。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集