2021-08-01 08:51国際

米補佐官、早期の民主主義回復求める=チュニジア大統領と電話会談

 【ワシントン時事】サリバン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は7月31日、首相解任や国会停止で権力を掌握したチュニジアのサイード大統領と電話会談し、民主主義の早期回復に向けた道筋を示すよう求めた。経済安定と新型コロナウイルス対策のために能力のある首相による即時の新政権樹立や、時宜にかなった国会再開の保証が必要だと訴えた。ホワイトハウスが発表した。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集