2021-07-30 13:55World eye

中国、英BBCを「フェイクニュース」と非難 中部の洪水報道で

【北京AFP=時事】中国政府は29日、中部で発生した洪水をめぐり、英BBCが「フェイクニュース」を報道しており、中国人に不人気なのは当然だと非難した。≪写真は資料写真≫
 BBCは、洪水を取材した記者がネット上で激しい批判を受け、別のメディアも現地で嫌がらせを受けていると指摘し、「外国人記者を危険にさらす攻撃が続いている」と述べた。
 これに対し、中国外務省の趙立堅報道官は29日、BBCを「フェイクニュース放送局」と呼び、「中国を攻撃して中傷し、ジャーナリズムの基準を大きく逸脱している」と非難した。
 さらに、BBCが「中国国民に不人気」なのは当然で、「理由のない憎しみなど存在しない」と述べた。
 発端は、中国共産党の青年組織である河南共産主義青年団が27日、ソーシャルメディアで、BBCの記者の動向を追跡するようフォロワー160万人に呼び掛けたことだった。
 この投稿をきっかけに、愛国主義的なネットユーザーがBBCの記者に殺害予告をする事態となった。
 中国外国人記者クラブは声明で、河南省鄭州市で取材中の記者が怒れる地元民に囲まれてつかみかかられ、中国人アシスタントには「脅迫メッセージ」が届いたと述べた。
 さらに、「中国共産党に属する組織の発言が、中国で活動する外国人記者の身体的安全を直接危険にさらし、自由な報道を妨げている」と訴えた。
 AFPの記者も浸水したトンネルの取材中、鄭州の住民に映像を削除するよう迫られ、男性数十人に囲まれた。【翻訳編集AFPBBNews】

最新動画

最新ニュース

写真特集