2021-07-21 16:10World eye

アフガニスタン武装勢力首領の孫、和解の道を説く AFPインタビュー

【カブールAFP=時事】オバイドラ・バヒール氏(31)の祖父は、アフガニスタンの武装勢力の残忍な首領として恐れられていた。1990年代、同国の内戦中に何千人も殺害したと非難されている。≪写真は元アフガニスタン首相で武装勢力ヒズビ・イスラミ創始者のグルブディン・ヘクマティアル氏の孫、オバイドラ・バヒール氏。アフガニスタン・カブールで行われたAFPとのインタビューで≫
 幼い頃、亡命先のパキスタンでは、武装勢力の政治指導者だった父親が真夜中に目の前で自宅から連れ出された。
 しかし現在、政治学者のバヒール氏は自分の一族の過去にとらわれていない。米軍のアフガニスタン撤退が完了する中、平和と和解の未来を見据えているからだ。
 「過去を手放し、新しい出発点を選ばないといけません」と、バヒール氏はAFPとのインタビューで語った。彼は間もなく、アフガニスタン・アメリカン大学で「移行期の正義」に関する講座を始める。

■「虐殺者」で「テロリスト」
 バヒール氏は、アフガニスタンの過酷な内戦が始まる直前に生まれた。1989年のソ連軍撤退後、反ソ武装勢力同士が戦っていた間、彼は隣国パキスタンで育った。
 祖父のグルブディン・ヘクマティアル氏は、元アフガニスタン首相で、イスラム武装勢力ヒズビ・イスラミの創始者でもある。現在70歳代前半で、内戦中は首都カブールを包囲し、「カブールの虐殺者」の異名が付いた。
 ヘクマティアル氏の戦士らは、当時のアフマド・シャー・マスード国防相率いる部隊からカブールを奪回するため首都にロケット弾を浴びせ、数千人の死傷者が出た。それから数十年たった今も、この時の記憶は人々の間で薄れてはいない。
 最近カブールでの会合で幼少時代の亡命生活について語っていると、ある女性が自分の父親を殺したのはヘクマティアル氏だと言って、バヒール氏を責めた。
 「私には何かを言うことも、することもできません。『申し訳ないですが、それは私ではありません』としか言えません」とバヒール氏は言う。
 祖父のヘクマティアル氏と父親のガイラート・バヒール氏は、米軍による2001年のアフガニスタン侵攻に反対したため、米政府の怒りも買った。ヘクマティアル氏は当時、米政府にテロリスト指定された。
 ヒズビ・イスラミの政治局長だったバヒール氏の父親は、ヘクマティアル氏の娘と結婚した。亡命中、イスラマバードの自宅から父親を連行したのは、米中央情報局(CIA)の要員だったと考えている。
 連れ去られた父親は、数か所で何年も抑留され、拷問も受けたという。
 米軍は今月2日、主要拠点としてきたカブール近郊のバグラム空軍基地をアフガニスタン政府軍に返還したと発表した。2001年9月11日の米同時多発攻撃を受けて始まった米国の軍事介入が20年を経て事実上、幕を下ろす。

■「真実を語ります」
 バヒール氏は、かつて米国人を嫌っていた。しかしある時点で「普通の米国人」が家族を苦しめたのではないことに気付いたという。
 「私を嫌う人々は、私を知らない人々です。(中略)同じように私たちの戦士が欧米を嫌うのは、欧米を知らないからです」
 バヒール氏にとって、アフガニスタンの進むべき道は明らかだ。それは平和と和解の道に他ならない。
 旧支配勢力タリバンとアフガニスタン政府との和平交渉は、ここ数か月にわたって行き詰まっており、その間、地方部では戦闘が広がっている。この和平交渉には、祖父のヘクマティアル氏も加わっている。
 バヒール氏は、カブールにあるアメリカン大学で働くことで米国との新しい関係を築き、さらには幼年期のつらい思い出を払拭(ふっしょく)しようとしている。
 一方、祖父を慕う思いも隠さない。「家族を愛する気持ちを捨てることなんてできますか」
 オーストラリアで高等教育を受けたことが、バヒール氏を和解の道へと導いた。だが、そこでも祖父の話が付きまとった。
 バヒール氏は、オーストラリア軍兵士としてアフガニスタンへの派遣経験がある教師に、自分がヘクマティアル氏の孫であることを打ち明けた。「彼はショックを受けていました。でも彼が心配したのは、私の考え方が偏っていないかということだけでした」
 オーストラリアからカブールに戻ったのは2018年。ヘクマティアル氏がアシュラフ・ガニ大統領と和平協定を結び、孤立した状態から復帰した翌年だった。
 バヒール氏のアメリカン大学入りに手を尽くしたビクトリア・フォンタン副学長は「ヘクマティアル氏は孫をとても誇りにしています」と語った。
 バヒール氏によると、大学では家の悪口を言うなという冗談が、ヘクマティアル氏の口癖だという。「祖父に言いました。僕は政治アナリストで、講師です。心に思ったことを言い、真実を語ります」
 和解への期待はさておき、バヒール氏は祖国の行く末を案じている。「システムが崩れる可能性は十分にある。新しい内戦が起きるリスクがいっそう大きくなるかもしれない」【翻訳編集AFPBBNews】

最新動画

最新ニュース

写真特集