2021-06-22 05:40国際

ロシアの研究員拘束=スパイ容疑―独

 【ベルリン時事】ドイツ連邦検察庁は21日、ロシア国籍の大学研究員の男を、ロシアのためにスパイ行為を行っていたことが「強く疑われる」として拘束したと発表した。
 拘束したのは18日。検察によると、男は昨年10月以降、少なくとも3回、ロシアの情報機関員と接触した。大学側が管理する情報を提供し、金銭の謝礼を受け取っていたという。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集