2021-06-21 09:03国際

北朝鮮との交流、協力強化=中国大使、習近平主席訪問2年で

 【ソウル時事】中国の李進軍・駐北朝鮮大使は習近平国家主席の訪朝から2年を迎えたのに合わせ、21日の朝鮮労働党機関紙・労働新聞に寄稿し、北朝鮮との交流、協力を強化する考えを示した。
 米中が対立する中、北朝鮮との密接な関係を誇示し、日米韓に対抗する思惑もあるとみられる。
 李氏は「今、中朝関係は歴史の新たな出発点に立っている」とし、「朝鮮側と共に、遠く前を見通しながら、戦略的意思疎通を強化し、実務的協力を拡大し、親善交流を深化させ、両党、両国の最高指導者の重要な共通認識を具現化していく」と強調。文化、保健、農業、観光など各分野の交流を進める考えを表明した。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集