2021-06-11 21:09政治

平井担当相は「人格問われる」=五輪アプリ発言、野党一斉批判

 平井卓也デジタル改革担当相が東京五輪・パラリンピックで導入予定の健康アプリの減額交渉をめぐり「(受注業者を)脅しておいた方がいい」と発言したことに対し、野党から11日、「人格が問われる」(立憲民主党の安住淳国対委員長)などと批判する声が相次いだ。
 安住氏は国会内で記者団に「脅しが許される社会を(国が)容認したら、世の中や企業にまん延する」と指摘。共産党の田村智子政策委員長も記者会見で「見識が問われる」と断じた。
 国民民主党の榛葉賀津也幹事長は会見で「民間企業は政府の下部組織ではない。どう喝とも取れる」と指摘し、説明責任を果たすよう要求した。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集