2021-06-11 06:30TOPICS

特別な関係「かつてなく重要」=米英首脳、新大西洋憲章で合意

10日、英コーンウォールで会談するジョンソン首相とバイデン米大統領(左)(AFP時事)
10日、英コーンウォールで会談するジョンソン首相とバイデン米大統領(左)(AFP時事)

 【コーンウォール時事】訪英中のバイデン米大統領は10日、先進7カ国首脳会議(G7サミット)が開かれるコーンウォールでジョンソン英首相と会談した。気候変動や新型コロナウイルス禍の克服といった共通の難題に直面する中、米英のパートナーシップがかつてなく重要だという認識で一致。両国の「特別な関係」を再確認した。
 バイデン氏は会談後、「われわれは共有する民主主義の価値を守る決意を新たにした」と強調した。
 両首脳は中国やロシア、イラン問題などを協議。「新大西洋憲章」で合意した。新憲章は第2次大戦中の1941年、両国が発表した戦後体制に関する声明「大西洋憲章」を発展させたもので、民主主義や人権、安全保障などでの協力の深化を目的としている。 

最新動画

最新ニュース

写真特集