2021-06-08 11:53経済

GDP、年3.9%減に上方修正=3期ぶりマイナス成長―1~3月期改定値

 内閣府が8日発表した2021年1~3月期の国内総生産(GDP、季節調整済み)改定値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比1.0%減、この成長ペースが1年続いた場合の年率換算では3.9%減となった。先月発表の速報値(前期比1.3%減、年率5.1%減)から上方修正。ただ、新型コロナウイルス感染拡大を受けた2度目の緊急事態宣言発令で個人消費は冷え込み、3四半期ぶりのマイナス成長だった。
 20年度は前年度比4.6%減と2年連続のマイナス成長で、リーマン・ショック時の08年度(3.6%減)を超える戦後最悪の落ち込みとなった。21年4~6月期は感染力の強い変異ウイルスの広がりで3度目の緊急事態宣言が発令され、2期連続のマイナス成長に陥る可能性が出ている。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集