2021-05-09 21:43経済

通信各社、10日から通話制限=コロナワクチン接種予約で―ネット利用呼び掛け

 NTTなど通信大手各社は9日、10日朝から新型コロナウイルスワクチンの接種予約を受け付ける自治体の予約用番号への通話を制限すると発表した。つながらない場合は時間を置いてかけ直すか、インターネット予約を受け付けている自治体についてはネット利用を呼び掛けている。
 NTT東日本の管内で約100、NTT西日本の管内で約100の自治体が10日に予約を受け付けるという。通話制限は通信設備の容量を確保し、警察や消防といった緊急通報などへの影響を避けるための措置だが、予約をめぐり混乱が発生する可能性もある。
 自然災害や人気イベントのチケット予約の際に通話が集中した際に実施されてきたが、制限を事前に発表するのは極めて異例だ。
 通信制限は、NTTに加え、KDDI(au)、ソフトバンク、楽天モバイル(東京)が連携して実施する。自治体の予約用番号に電話をかけても、着信が集中している場合は、「ただいま電話が混みあっています」という案内が流れたり、話し中になったりする可能性がある。通話が混雑しなくなれば、制限を解除する。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集