2021-05-07 16:39国際

幼虫、食品として法制化へ=ハンバーガー、ビスケットに―EU

 【ブリュッセルAFP時事】欧州連合(EU)加盟国が、一部の幼虫を食べても安全な「革新的な食品」として法制度を整備していくことで合意した。加盟27カ国内で、ゴミムシダマシの幼虫「ミールワーム」などをハンバーガーやプロテイン飲料、ビスケットに合法的に使えるようになる。
 欧州委員会が4日、明らかにした。「虫でたんぱく質を摂取するのは別に新しい話ではない。世界各地でずっと虫を食べている」と強調した。
 欧州委員会によると、既に11件の虫を使った「新食品」の申請があり、審査されていくことになる。特にアレルギーのある人に配慮し、虫を使った食品には表示を義務付ける。加盟国の一部では既に流通している国もあるが、EU全体としての認可は初の試みとなる。 
[時事通信社]

最新動画

最新ニュース

写真特集