2021-04-30 14:02World eye

下手なゾウ狩り動画流出、全米ライフル協会トップに嘲笑と非難

【ワシントンAFP=時事】「全米ライフル協会(NRA)」のウェイン・ラピエール最高経営責任者(CEO)が2013年にアフリカのボツワナでゾウ狩りをした際の動画が報じられ、その未熟な腕前が嘲笑を買っている。≪写真は全米ライフル協会のウェイン・ラピエール氏≫
 報道した米誌ニューヨーカーによると、NRAのドキュメンタリー制作のために撮影された動画だが「広報上の大失態になりかねないという懸念から」公開されなかったものだという。
 動画の中でラピエール氏は最初の一発でゾウに傷を負わせ、続いて至近距離から3回撃ったが、とどめを刺すことができず、最後は狩猟ガイドがゾウを撃ち殺した。動画にはラピエール氏の妻スーザンさんが、別のゾウを撃ち殺して尻尾を切り落とし「勝利!」と叫ぶ場面もあった。
 米生物多様性センターのターニャ・サネリブ国際法務部長はこの動画についての発表で、「この美しい生き物をラピエール氏が残忍に、不器用に殺しているのを見るのは気分が悪い」と非難し、「いかなる動物もこのように苦しむべきではない」と述べた。【翻訳編集AFPBBNews】

最新ニュース

写真特集

最新動画