2021-04-16 18:37社会

巡査部長が酒気帯び運転=容疑で書類送検、停職処分―茨城県警

 酒気帯び状態で車を運転したとして、茨城県警は16日、神栖署刑事課に所属する男性巡査部長(25)を道交法違反(酒気帯び運転)容疑で書類送検し、停職6カ月の懲戒処分とした。巡査部長は容疑を認め、「大変なことをして申し訳ない」と話しているという。同日付で依願退職した。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画