2021-03-02 15:17ニュースワード

応急仮設住宅

 応急仮設住宅 大規模災害で自宅を失い、住宅を確保できない被災者に対し、災害救助法に基づき無償で提供される住宅。プレハブなどの建設型と、民間賃貸住宅を借り上げる「みなし仮設」がある。提供は原則最長2年と定められているが、特定非常災害の指定がある場合は1年以下の期間ごとに延長できる。東日本大震災の発生当時、建設型の1戸の標準額は238万7000円、標準面積が29.7平方メートルと定められていた。

最新ニュース

写真特集

最新動画