2021-03-02 08:00地域

名家のひな飾りを公開 大阪市

 江戸時代以降「天下の台所」と呼ばれて繁栄した大阪市中央区の船場地域で、「船場のおひなまつり」が開催されている。この地にゆかりのある8家に代々伝わるひな人形を特別公開。春らしい飾り付けや船場地区の歴史・文化を楽しめる。3月3日まで。
 2月25日には、唐物商で財を成した芝川家のひな人形が展示。大正から昭和ごろにかけてそろえたもので、京都の老舗人形店のものを中心に、多彩な道具類が見どころとなっている。
 今年で7回目を迎えるイベントは、新型コロナウイルスの感染拡大を考慮し、一部会場ではガラス越しの観覧となった。初めての企画として、動画サイト「ユーチューブ」でも各家のひな飾りを紹介する。実行委員会事務局の担当者は「商業の地として栄えた船場エリアの歴史を、人形を通して伝えられたら」と話す。【もぎたて便】

最新ニュース

写真特集

最新動画