2021-03-01 19:51TOPICS

山田広報官が辞職=高額接待判明後に入院―菅首相「大変申し訳ない」

衆院予算委員会に参考人として出席した山田真貴子氏=2月25日、国会内
衆院予算委員会に参考人として出席した山田真貴子氏=2月25日、国会内

 政府は1日、山田真貴子内閣広報官(60)の辞職を持ち回り閣議で決定した。菅義偉首相の長男、正剛氏が勤める放送関連会社「東北新社」から高額な接待を受け、野党から批判を浴びていた。山田氏は体調不良を理由に入院し、退職願を提出。首相は山田氏を続投させる考えを示していたが、一転「やむを得ない」として受け入れた。
 首相は1日夕、官邸で記者団の取材に応じ、広報官辞職に関し「国会はじめ皆さま方にご迷惑をお掛けしていることを大変申し訳なく思う」と陳謝。後任については「現在検討中だ。できる限り早く決定したい」と述べた。この後の自民党役員会で「今後、国民の信頼を回復し、期待に応えるように行政府としても対応していく」と語った。
 首相は接待問題の発覚後も、山田氏が真摯(しんし)に反省しているとして「今後とも職務で頑張ってほしい」と明言していた。だが、与党からも責任を明確にするよう求める声があり、方針転換を迫られた。
 政府によると、山田氏は2月28日夕、体調不良により病院で受診し、「2週間程度の入院加療を要する」との診断を受けた。入院先から「職務を続けることが難しい」などと、杉田和博官房副長官に辞意を伝えた。山田氏の詳しい症状は明らかになっていない。
 山田氏は1日の衆院予算委員会に参考人として呼ばれていたが、欠席した。 

山田真貴子内閣広報官の辞職を受け、記者団の質問に答える菅義偉首相=1日午後、首相官邸
山田真貴子内閣広報官の辞職を受け、記者団の質問に答える菅義偉首相=1日午後、首相官邸

最新ニュース

写真特集

最新動画