2021-02-24 19:45国際

中国、尖閣めぐる米発言に反論=カナダ人解放支援も批判

 【北京時事】中国外務省の汪文斌副報道局長は24日の記者会見で、米国防総省報道官が日本の尖閣諸島周辺における中国海警局の活動停止を求めたことに対し、「釣魚島(尖閣諸島の中国名)と付属島しょは中国固有の領土だ」と反論した。
 汪氏は「米日安保条約は冷戦の産物で、第三国の利益を損なってはならず、地域の平和と安定を脅かしてはならない」と主張。尖閣諸島をめぐる日米同盟強化の動きをけん制した。
 一方、バイデン米大統領がカナダのトルドー首相との会談で、中国で拘束中のカナダ人2人の解放を支援すると述べたことについて、汪氏は「中国の司法主権への干渉を許さない」と批判した。カナダ人2人は2018年12月に拘束後、スパイ罪で起訴された。カナダ当局が米側の要請で中国通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)幹部の孟晩舟被告を逮捕した報復とみられている。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画