2021-01-22 16:52スポーツ

吉田正、2億8000万円プラス出来高=今季も「タイトルを」―プロ野球オリックス

 昨季、初めて首位打者に輝いたオリックスの吉田正尚外野手(27)が22日、大阪市内の球団施設で契約更改交渉に臨み、8000万円増の2億8000万円プラス出来高払いでサインした。
 球団からねぎらいの言葉をもらい、今季に向け「一つでも多くのタイトルを目指したい」と意気込んだ。契約が年明けにずれ込んだことには、「時間が合わなかっただけ。大筋は決まっていた」と話した。
 今季は選手会長を務める。交渉の場では球場に仮眠室の設置を要望したそうで、「球団と積極的にコミュニケーションできれば」。チームの顔としての自覚をにじませた。(金額は推定)。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画