2021-01-20 20:18政治

羽田氏実弟擁立へ=参院長野補選、立憲県連

 立憲民主党の羽田雄一郎元国土交通相の死去に伴う参院長野選挙区補欠選挙(4月25日投開票)で、羽田氏の後援会は実弟で新人の次郎氏(51)を擁立する方向で調整に入った。同党長野県連は後援会の意向を尊重する方針で、2月上旬にも党公認での擁立を正式決定する。複数の県連関係者が20日、明らかにした。
 次郎氏は故羽田孜元首相の次男で、孜氏の秘書などを務めた。2017年衆院選では旧希望の党から比例代表東京ブロックに出馬したが、落選した。
 同補選には、自民党は新人で元衆院議員の小松裕氏(59)を擁立する方向で調整を進めている。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画