2021-01-18 19:40政治

「コロナ収束に決意」与党評価=施政方針、野党は批判

 菅義偉首相が18日行った初の施政方針演説に対し、与野党の評価は新型コロナウイルス対策の観点から真っ二つに割れた。
 自民党の二階俊博幹事長は記者会見で「新型コロナ収束への力強い決意と、その先の社会の変化を見据えるものだった」と評価。公明党の山口那津男代表は「国民のために働く内閣という姿勢がはっきり表れた」と歓迎した。
 これに対し、立憲民主党の枝野幸男代表は党の会合で「危機感が全く感じられなかった」と批判。同党の福山哲郎幹事長は記者団に、具体策への言及がなかったとして「菅内閣を信頼してコロナ対策を任せるわけにいかない」と切り捨てた。
 共産党の志位和夫委員長も会見で「政府としてどうやって感染抑止を行うのか、その積極的な方策が全くない」と指摘し、国民民主党の玉木雄一郎代表は「首相が『問題だ』としているあしき前例、役所の縦割りがそのまま出ているような演説だった」と酷評した。
 日本維新の会の馬場伸幸幹事長は「演説に盛り込まれた国民との約束を実現していくことに期待したい」と語った。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画