2021-01-18 19:09スポーツ

コロナ下、周回コースで調整=大阪国際女子マラソン

 今月31日の大阪国際女子マラソンについて、主催の日本陸連などが新型コロナウイルス感染拡大を受け、大阪市の長居公園内を約15周するコース(1周約2.8キロ)に変更する方向で調整していることが18日、関係者への取材で分かった。同公園内のヤンマースタジアム長居を発着点とし、御堂筋など市中心部の公道を走る例年のコースで準備を進めていた。
 政府の緊急事態宣言が大阪府に発令されたことなどを踏まえ、公園内の周回コースでの実施を検討しており、記録も公認される見込み。20日の会議で正式に決定する。
 今大会には東京五輪代表の前田穂南(天満屋)と一山麻緒(ワコール)が出場を予定している。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画