2021-01-18 17:57政治

GDP、来年度コロナ前に=西村経財相が経済演説

 西村康稔経済財政担当相は18日、衆参両院の本会議で経済演説を行った。新型コロナウイルス感染症で大打撃を受けた日本経済の再生について「国内総生産(GDP)は来年度中にコロナ前の水準に回復すると見込む」と強調。2020年度第3次補正予算案と21年度予算案を一体的な「15カ月予算」として切れ目ない景気下支えに全力を挙げる姿勢を示した。
 足元の感染急拡大には「経済の下振れリスクに十分な注意が必要」と警戒。11都府県を対象に再発令した緊急事態宣言で「感染リスクの高い場面に効果的な対策を徹底する」と説明した。対策の実効性を高めるため、営業時間短縮要請に応じない事業者などへの罰則規定を盛り込んだコロナ対策の特別措置法改正案を早期に提出する方針も表明した。
 また、「経済・社会の大きな変革のラストチャンス」とも訴え、デジタル化推進とグリーン社会実現、イノベーション(革新)を生み出す人への投資という三つの改革に取り組む決意を示した。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画