2021-01-17 18:17国際

日韓「共存共栄へ努力」=韓国新駐日大使の姜氏

 【ソウル時事】韓国の姜昌一・新駐日大使(68)は17日、赴任前に日本メディアとオンラインで記者会見し、日韓関係は「1965年の国交正常化以降、最悪の状況だ」と指摘した上で「『共存共栄』の未来志向の関係構築という任務を受け、使命感を持って努力していく」と述べた。
 元徴用工や元慰安婦問題をめぐって悪化した日韓関係は改善の糸口が見えない状況だ。こうした中、姜氏は文在寅政権下で3人目の大使として22日に着任する。
 文大統領は14日、姜氏と面会し、関係発展で役割を果たすよう期待を表明。姜氏によると、文氏は懸案に関し、日韓当局が対話を通じて解決策を用意すべきだと強調する一方、東京五輪開催など「協力すべき部分はしていくべきだ」と話した。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画