2021-01-15 16:38ニュースワード

優生保護法

 優生保護法 「不良な子孫の出生防止」を目的に1948年に制定。障害や精神疾患を理由に、本人同意のない不妊手術や中絶を認めた。96年に母体保護法に改正され、差別的な条項が削除されたが、厚生労働省によると、旧法下で同意なく約1万6500件の手術が行われた。2019年4月、被害者に一時金320万円を支給する救済法が成立したが、「国の謝罪を明記しておらず、補償額が少ない」との批判もある。

最新ニュース

写真特集

最新動画