2020-12-14 08:00地域

海に浮かぶ巨大クリスマスツリー 北海道函館市

 北海道函館市の観光スポット金森赤レンガ倉庫群で、毎年恒例のクリスマスイベントが開かれている。函館湾の海上に高さ20メートルの巨大ツリーが飾られ、夜には15万球のイルミネーションが点灯。緑や赤の光が海面に映り、人々を和ませている。
 今年は新型コロナウイルス感染防止のため、例年行われているステージなどは中止し、規模を縮小して開催している。25日まで毎日、午後4時半~同10時にツリーを点灯。午後6時には花火も打ち上げられる。
 ツリーには道産のトドマツを使用。例年姉妹都市のカナダ・ハリファクス市から贈られるモミの木を使っているが、去年はハリケーンの影響で調達できず、今年も新型コロナの影響で開催の決定が遅れたため、道内の木を使った。
 イベントの実行委員会は、新型コロナの感染状況により内容の変更もあるため、最新情報はホームページ(http://www.hakodatexmas.com/)で確認してほしいと呼び掛けている。【もぎたて便】

最新ニュース

写真特集

最新動画