2020-11-24 12:49TOPICS

米政府、政権移行作業を承認=トランプ氏、敗北は認めず―「国益のため」と軌道修正

トランプ米大統領=20日、ワシントン(AFP時事)
トランプ米大統領=20日、ワシントン(AFP時事)

 【ワシントン時事】米連邦政府一般調達局(GSA)のマーフィー長官は23日、民主党のバイデン前副大統領に対し、政権移行作業の開始を認める方針を書簡で伝えた。米メディアが報じた。共和党のトランプ大統領は、マーフィー氏への「嫌がらせや脅し」があったと反発しつつ、手続きに入ることを許可したと明らかにした。
 大統領選の不正を訴えるトランプ氏はこれまで政権移行に協力せず、危機対応への影響を懸念する声が共和党内でも上がっていた。トランプ氏は敗北を依然認めていないが、軌道修正を図った形だ。
 マーフィー長官は書簡で「大統領選の結果を認定する立場にはない」とした上で、訴訟の推移などを考慮したと説明。決定により、バイデン氏の政権移行チームには連邦予算から移行作業に必要な資金が支給される。
 トランプ氏もツイッターで「国の最善の利益のために」手続き開始をGSAに勧めると表明。ホワイトハウスに対しても協力を指示したと述べた。一方で、「私たちは勝つと信じている」とも強調し、法廷闘争を続ける姿勢を示した。 

バイデン前米副大統領=16日、デラウェア州ウィルミントン(AFP時事)
バイデン前米副大統領=16日、デラウェア州ウィルミントン(AFP時事)

最新ニュース

写真特集

最新動画