2020-11-20 08:00地域

大隈重信らの旧邸宅、一部公開 神奈川県大磯町

 大隈重信ら明治期の政財界人の別荘や邸宅がある神奈川県大磯町で、当時の建物や庭園を保全した「明治記念大磯邸園」の一部公開が始まった。2024年度までに全体を観覧できるようになる。
 同邸園は、松並木が残る旧東海道(国道1号)沿いにかつての邸宅が立ち並ぶ一帯に位置する。国と県、町が連携して整備している。
 現在は大隈重信と陸奥宗光の旧邸宅のうち、庭園部分を無料で見られる。建物内部はいずれも補修後に公開する。伊藤博文、西園寺公望の旧邸宅も同邸園にある。
 町は明治期に国内初の海水浴場が開設され、保養地や避暑地として発展。8人の首相経験者が居を構え、「政界の奥座敷」と呼ばれた。【もぎたて便】

最新ニュース

写真特集

最新動画